Blog


学生ローンは19歳でも借りられる?

学生ローンは、未成年でも借りられるのでしょうか。20歳以下で大学生・専門学生といった立場の人は多いですよね。
学生ローンの利用条件は「20歳以上で収入があること」です。
一部条件が18歳以上の業者もありますが、親の同意を得る必要があることと、教育ローンなどの方が借りやすい事からあまり使われていないようです。
また、20歳でも高校生という立場では利用できません。
例えば、19歳で大学生。学生ローンを借りたいと思っても、ほぼ不可能だと思ってください。その時にお金が必要になった場合は、家族に相談していくのが良いでしょう。
また、嘘は確実にばれますので、年齢の申告をごまかしてはいけません。
学生ローンは、20歳になってから利用していきましょう。

Continuar leyendo →



おまとめローン・債務整理の前に

ここでは、おまとめローンと債務整理の関係について見て行くことにしましょう。あまり広く知られていないのですが、債務整理や借金の問題を「法律事務所」に相談する際には、いくつか注意したい事柄があります。
テレビのコマーシャルで頻繁に「過払い金請求」などの情報を目にしますが、場合によっては信用情報機関にブラックリスト(契約見直しのデータ)の扱いを受けるので、専門家に相談をする前に、必ず慎重に行動する必要があります……。
基本的には、過払い金請求でブラックリスト扱いを受けることはありません。2010年の4月19日より、過払い金請求による契約見直しのデータは削除されるようになったからです。
ただ、債務整理の計算間違い(過払いではなかった)や債務が残った状態で過払いを請求する場合は「債務整理のデータ」が信用情報機関に残されてしまうので注意が必要です。もちろん過払い金請求が終わり、完済となった時には「債務整理のデータ」は削除されますが、一時的にブラックリストの扱いを受けることがあるので、この期間中は新たな借入やカードの契約更新や発行は一切行えません。
また、自己破産などを理由にブラックリストの扱いを受けてしまうと、最低5年から長くて10年は、新たなカードの発行や契約ができなくなってしまいます。債務の負担を無くす目的でも、できるだけブラックリストに乗らない方法を考える必要があるでしょう。
可能であれば、おまとめローンや借り換え専用のローンを利用して、借金の一本化をしたり、金利や返済の負担を少なくするようにしましょう。法律事務所に相談をした場合、債務整理や特定調停などの方法を勧められますが、クレジットカードが使えなくなると、さまざまな場面で不自由さを感じることになります……。
ブラックリストといっても、カード会社によって利用する信用情報機関が異なります。JICC(株式会社日本信用情報機構)を利用するところもあれば、CIC(株式会社シー・アイ・シー)を利用する金融機関もあります。また、銀行ローンの場合は、KSC(全国銀行個人信用情報センター)を通じて、過去のクレジットヒストリーを確認しています。
おまとめローンやカードローンを利用する場合は、それぞれの金融機関がどの信用情報機関を使っているのか確認しておきましょう。各カードローンの公式サイトには、必ず「利用する信用情報機関」を掲載しています。カードローン以外にもクレジットカードなどの商品にも必ず(信用情報機関の扱いなど)説明が書かれているので、忘れずチェックするようにしてください。
法律事務所に相談をすると「何かと安心……」というイメージがあるのですが、高額な報酬が必要なところや成功報酬を多く必要とする弁護士など、さまざまです。また、特定調停のように簡単な手続きであれば、自分で申し立てをすることは難しくありません。インターネット上にも、さまざまな法律の問題、借金問題を自分で解決する方法が紹介されているので、参考にしてみてください。
このほか、自治体によっては無料で「借金問題の相談」を受け付けているところがあります。お金の問題はなるべく、お金を掛けずに解決するようにしてください。おまとめローンや借り換えローンの存在は、賢く負担を減らす、心強いサポートになるはずです。

Continuar leyendo →



おまとめローン・債務整理の前に

ここでは、おまとめローンと債務整理の関係について見て行くことにしましょう。あまり広く知られていないのですが、債務整理や借金の問題を「法律事務所」に相談する際には、いくつか注意したい事柄があります。

テレビのコマーシャルで頻繁に「過払い金請求」などの情報を目にしますが、場合によっては信用情報機関にブラックリスト(契約見直しのデータ)の扱いを受けるので、専門家に相談をする前に、必ず慎重に行動する必要があります……。

基本的には、過払い金請求でブラックリスト扱いを受けることはありません。2010年の4月19日より、過払い金請求による契約見直しのデータは削除されるようになったからです。

ただ、債務整理の計算間違い(過払いではなかった)や債務が残った状態で過払いを請求する場合は「債務整理のデータ」が信用情報機関に残されてしまうので注意が必要です。もちろん過払い金請求が終わり、完済となった時には「債務整理のデータ」は削除されますが、一時的にブラックリストの扱いを受けることがあるので、この期間中は新たな借入やカードの契約更新や発行は一切行えません。

また、自己破産などを理由にブラックリストの扱いを受けてしまうと、最低5年から長くて10年は、新たなカードの発行や契約ができなくなってしまいます。債務の負担を無くす目的でも、できるだけブラックリストに乗らない方法を考える必要があるでしょう。

可能であれば、おまとめローンや借り換え専用のローンを利用して、借金の一本化をしたり、金利や返済の負担を少なくするようにしましょう。法律事務所に相談をした場合、債務整理や特定調停などの方法を勧められますが、クレジットカードが使えなくなると、さまざまな場面で不自由さを感じることになります……。

ブラックリストといっても、カード会社によって利用する信用情報機関が異なります。JICC(株式会社日本信用情報機構)を利用するところもあれば、CIC(株式会社シー・アイ・シー)を利用する金融機関もあります。また、銀行ローンの場合は、KSC(全国銀行個人信用情報センター)を通じて、過去のクレジットヒストリーを確認しています。

おまとめローンやカードローンを利用する場合は、それぞれの金融機関がどの信用情報機関を使っているのか確認しておきましょう。各カードローンの公式サイトには、必ず「利用する信用情報機関」を掲載しています。カードローン以外にもクレジットカードなどの商品にも必ず(信用情報機関の扱いなど)説明が書かれているので、忘れずチェックするようにしてください。

法律事務所に相談をすると「何かと安心……」というイメージがあるのですが、高額な報酬が必要なところや成功報酬を多く必要とする弁護士など、さまざまです。また、特定調停のように簡単な手続きであれば、自分で申し立てをすることは難しくありません。インターネット上にも、さまざまな法律の問題、借金問題を自分で解決する方法が紹介されているので、参考にしてみてください。

このほか、自治体によっては無料で「借金問題の相談」を受け付けているところがあります。お金の問題はなるべく、お金を掛けずに解決するようにしてください。おまとめローンや借り換えローンの存在は、賢く負担を減らす、心強いサポートになるはずです。

Continuar leyendo →